• yuko matsumoto

ラ・ソノリテ(発表会)終了


友人と二人で開催している毎年恒例の「ラ・ソノリテ」が先週行われました。

今回は園児から中学生まで34名が第1部。

第2部は2台ピアノの部とし、第3部で高校生以上のソロ演奏と続きました。

全部で63人(組)! 9時間近い発表演奏会です。

年長さんから低学年のピアニストさんたちはブルグミュラーやギロック、バロックの小品などが多く揃いました。

小学生以下の子供達はいつも私たちが舞台袖から送り出しますが、お辞儀をしてからトコトコと戻ってくる時の、彼らの凛とした、やりきった感の表情がとても印象的! いつか撮ってご両親にお見せしたいものです。

小学校高学年から中学生は、ショパンやドビュッシー、チャイコフスキーやシューマンなどロマン派以降の作品。

低学年の生徒さんのお手本となるような、自覚を感じられる演奏が続きました。小さい子供達にとっても、良い刺激になっているはず!

そして高校生、音大生、卒業生、社会人の皆さんはショパン・リスト・プーランク・スクリャービンなど名曲・大曲の数々を演奏してくださいました。とても聞きごたえがありますよー。

曲に対して真剣に取り組む感覚が増していて、心から幸せを感じたひと時でした!

第2部は2台4手、2台8手アンサンブルでした。

このブログでも時々ご紹介しているカルテット309もとうとうデビューいたしましたよ〜!

前日の最後のリハーサルでは過緊張状態でしたので、実は密かに心配をしていたのですが、

最後は開き直って楽しめたようです。(写真)

私も2台8手アンサンブルでカルメンファンダジーを演奏して楽しみました。

非常にエキサイティングな曲でしたね〜。弾きながら笑っちゃう(^ ^)

またぜひ楽しみたい曲です。

来年また多くの感動を聴けるコンサートになるよう、私たちも皆さんと一緒に頑張ります!

ご出演くださった卒業生・門下生の皆様、ご協力いただいたご家族の方々に心より感謝申し上げます。



297回の閲覧

© Music Studio C

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram